カードローン審査甘い金融は原則ありません

「カードローン審査甘い」と検索すると、銀行カードローン審査甘い極甘審査ファイナンス必ず通る、カードローンカードローン 審査 甘い ランキング、審査に落ちないカードローン、審査がどこも通らないが貸してくれるローン会社、ネット銀行カードローン審査甘い、銀行カードローン審査甘い極甘審査ファイナンス、必ず通る カードローン、審査がどこも通らないが貸してくれるローン会社、カードローン 審査 甘い ランキング、審査に落ちないカードローンなどの関連検索も出てきます。いかに審査の甘い金融会社の需要があるかということが分かります。

まずは「カードローン」の定義は、貸金業者からお金を借りることです。そして貸金業者とは貸金業法に則って、法令順守していることが求められます。法令順守の一番は違法な金利設定をしていないこと。銀行が経営しているローンでは、銀行口座を持っていれば審査はスムーズな上、カードレスにもできます。一般的にはカードを使用して提携ATMから借入をすることから「カードローン」という名称が一般的に定着しました。それまではキャッシングと呼ばれていました。

「審査甘い」という表現は貸金業法では使ってはいけないことになっています。ということは、貸金業者は全部審査が甘くないといえるのかというと、そこが表現上のグレーなところです。カードローンの歴史を紐解くと、最初はサラリーマン金融(サラ金)でした。銀行で借入できないサラリーマンたちにもっと簡単にお金を貸してあげようと興ったのがサラ金です。簡単にというのは無担保、少額ということです。その代わり、金利が高かったワケですが、ピンチの時にお金を借りられるという利便性からサラ金が大繁盛しました。

そもそも、サラ金は無担保なワケですから、厳格な審査をする銀行よりも審査が甘いのは当然です。そのサラ金が今のカードローンなので、銀行に比べて審査が甘いというのは暗黙の了解でもあります。

こういった歴史的背景からカードローン審査甘い金融は原則ないといっているワケです。

おすすめカードローン一覧

カードローン審査甘い金融はありませんが、例外があります

貸金業者でないと、貸金業は営業できませんが、内緒で営業している業者もあります。それがいわゆる「闇金」といわれる業者で、カードローン審査に通らなかった人たちにお金を貸して高金利で利益を得ています。かつては暴力団とのかかわりが強かった闇金ですが、今では普通のお兄さんが一人でコソコソ営業をして、手渡しで貸し、集金に行ったり来てもらって回収しているケースが多いと聞きます。

もちろん、お金を返さずにバックレる人もいるらしいのですが、真面目に返してくれる人もいる。その見極めのためにまずは1万円だけを貸す。そして返しに来たら次は1万2千円を貸す。こっちの世界でも信用は大事にされるということです。そういう信用に支えられることで「闇金」の経済が回っています。

ということで、これが例外です。審査甘いです。すぐに1万円だけ借りられます。あとは信用を積み重ねることで借入額が増える仕組みです。

おすすめカードローン一覧

審査通過率が公開されています

貸金業者は審査通過率を公開しています。有名なカードローン会社はいずれも上場企業なので、財務上全ての情報を公開する義務があります。以下の情報は「審査通過率 商品名」で検索した結果、上位表示されたテキストです。

プロミスの審査通過率

2021年度全体では38.9%の新規貸付率となっています。 2020年度全体では38.1%だったので、審査通過率は変わっていません。 2021年4月~2022年3月の申込数、契約数、成約率はこのようになっています。

SMBCモビットの審査通過率

SMBCモビットは審査通過率を公表していません。 しかし、SMBCモビットの親会社であるSMBCコンシューマーファイナンスの審査通過率は43.4%となっています。 他社と比較した場合、大体同じくらいの審査通過率と言えるでしょう。

アコムの審査通過率

アコムの審査通過率は41.5% アコムの利用を検討している方で、審査に通るか不安な方もいると思います。 アコムの審査通過率は41.2%で、申込者の半数以上は審査に落ちていることになります。 しかしアコムの成約率は他の消費者金融より高く、申込条件さえ満たせていれば審査通過も可能です。

レイクALSAの審査通過率

2022年最新時点のレイクALSA(レイクアルサ)の新規成約率(審査通過率)は約35.5%であり、他の大手消費者金融と比較して特別厳しいと言える水準ではありません。

アイフルの審査通過率

アイフルは銀行の傘下に入っていない独立系企業として運営を続ける唯一の消費者金融で、審査通過率は他社よりも高い48.2%となっています。 銀行の傘下にある他社のカードローンは与信審査の厳格化による影響を受けているため、借り入れをしたいのであればアイフルが狙い目でしょう。

カードローン審査に通らない理由の箇条書き

・収入がない
・他社からの借入が多すぎる
・他社からの借入がある
・長期の延滞・滞納をしている
・債務整理の経験がある
・借入条件を満たしていない
・在日を隠している
・収入の割に高い金額を借りようとした
・勤務先が怪しい会社だった
・勤続年数が足りなかった
・過去の審査で嘘を書いた
・金融事故を起こした
・ブラックリストの心当たりがある
・任意整理をした
・債務整理をした
・返済能力を超えている
・短期間に複数社に申込んでいる
・他社と同時に申し込みをしている
・審査の申告内容に誤りがある
・未成年である
・理由は分からないが自覚はある
・他社での借り入れ金額が年収の3分の1を超えている
・携帯電話の使用料金やクレジットカードの支払いが3ヶ月以上遅延している
・在職しているが、収入のない期間が3ヶ月以上ある
・収入と借入のバランスが良くない
・他社への返済がしっかりできていない
・総量規制に引っかかった
・ヤミ金融に借入がある
・住宅ローンがある
・自動車ローンがある
・転職でこれから働く予定
・水商売
・勤務日数が短い
・自営業だが不景気で収入が少ない
・家賃を滞納している
・光熱費を滞納している
・クレジットカード支払いを滞納している
・派遣先が決まっていない
・短期派遣
・短期バイト
・日雇い労働
・仕事を始めてすぐ
・在籍確認ができない
・何らかの原因がある

これらに該当する方は、いくらカードローン審査甘いで検索しても、そもそも審査に通らない可能性の方が高いので、これらの問題を解決するのが先決です。複数に該当しているときは、1つずつ潰していくしかありません。逆に、そうすることで確実に審査通過率は高くなる筈です。とてもシンプルですね。

カードローン利用者の気持ちになって考えてみる

私はカードローンを利用したことがありませんが、お金が無くてカードローンを利用しようとした気持ちになって、どういうことを検索するか考えてみます。しかし、その前提として所詮は玉石混合のネット情報。どの情報を取捨選択するかは自分次第です。

まず、有名大手カードローンを一覧にしたサイトを見ます。全体を見渡して「あー、これだけの商品があるのか」と俯瞰してみます。次に、金利を見ます。下限金利はどうせ高額の借入でしか適用がないので、上限金利を見ます。最初に借入できるのは、せいぜい10万円まで。そして無利息期間があるかどうかも重要です。ここで、無利息期間のある商品を優先すると思います。無利息といえばレイクALSAかプロミスがスペックが良いです。そして、1回限りの利用なのか、今後もピンチの時にお世話になるつもりなのかも考えて、レイクALSAかプロミスどちらかを選ぶと思います。

審査に通ればその時点でカードローン会社を選ぶ段階からは上がりですが、審査に落ちてしまったら。例えばプロミスの審査に落ちてしまったら。プロミスは消費者金融系なので、じゃあ銀行系のバンクイックに申込んでみようと思います。まぁ、ダメ元で足掻いてみます。それでも審査に落ちたら諦めます。「2人以上の人に同じことを注意されたらそれは本当に直さないといけない」と誰かが言っていたのを思い出しましたが、それに似ているかもしれません。「2社以上のカードローン会社の審査に落ちたら諦めて自分の傷ついた信用情報を治癒すること」です。

そもそも、お金がなくても死にはしません。どうせパチンコのお金が無い、既に借り入れたカードローンの返済期日が迫っているけどお金が無い、デートだけどお金が無いとかでしょう。消費のためのお金を使っている間は、決してお金に愛されません。創造の為にお金を使うと、お金に愛されます。この違いが分かると楽になれます。

]

カードローン審査甘いところを探すなら稼ぐ方にシフトする

審査の甘いカードローンを探して今すぐお金を借りたいというのは、時間やエネルギーを消費に使っています。これは完全に命を無駄にしています。お金を借りて一時的にその場をしのぐのではなく、お金を稼ぐことにフォーカスするべきです。「でも給料安いし…」「何をしたらいいか分らない」という意見もあるでしょうが、できることからするしかありません。

例えば、誰でもできる作業系なら、Uberイーツの宅配を始める、副業で内職を始める、女性なら週末にキャバ嬢として働く、アイデア系ならYouTubeやTikTokで動画配信を始めてみる等です。そしてその収入は借金返済や消費するのではなく、投資に使います。株、外貨(FX)、暗号通貨、金などを少しずつ買っていきます。一時的に損失が出ても気にせず、コツコツと買い増していきます。それだけです。

それと並行して、図書館で投資系の本を借りて四季報も読めるように勉強します。投資を始めると、消費が馬鹿らしくなるというか、興味がなくなります。そしてこれが大事なのですが、自分が金持ちになった気持ちで毎日を過ごすことです。自分が持っている金額を具体的に想像してみます。そのお金が銀行口座にあって、いつでも引き出して使えると想像します。

欲しい物を全部買って、物欲の夢が叶った自分を想像します。徹底的にニヤニヤします。実はそこから先のことが重要なんです。「で、どうするの?この先?」ということ。毎日ダラダラと過ごすのも1年もすれば飽きて何かをしたくなります。自分だけではなく、周りの人を幸せにしたいと思います。成功者の本を読むと、全員そう言っています。例外はありません。

カードローン審査甘いなんて、もう数時間前に食べ残した不味い天津飯みたいに冷たくなって興味の外に置き去りになります。そうなればカードローンを利用してお金を借りる人生にサヨナラ。これからは必要なときに必要なお金が自分の元に舞い込む生活が始まります。

カードローン審査甘いところで借りたいなら

この世界はバランスでできています。光があって闇がある。生まれたら必ず死ぬ。男と女。北と南。東と西。どちらか一方では成り立たないんですね。何かを得ようと思ったら何かを差し出さないといけない。金融、カードローンの世界も同じです。甘い審査ですぐに借りたいと思っているなら、何を差し出さないといけないか。高い金利を払う、社会的信用を無くす、安心感が無い。こういったものを抱えるリスクと、審査は甘くないけれどもキチンとした貸金業者で借りた場合に抱えるリスクを比べた場合、果たしてどちらが自分の為になるのか。

カードローン審査甘いなんて検索するということは、それなりにお金に困っているということは分かります。しかし、お金を借りないという選択肢も考えてみるべきです。返済日が過ぎているなら、こちらから電話して「遅延利息が付いても必ず返します」と先手を打っておきます。いくら何でも働かずに返せるワケはないので、働いているはずです。

カードローン審査甘いと検索する全ての人に言います。お金はカードローンで借りるもんじゃありません。審査が甘くても、審査が甘くなくても、実はどちらもあまり変わりません。ただの借金です。

カードローンとクレジットカード、どちらが審査甘いか?

一般的に考えると、カードローンの方が審査は甘いと思います。クレジットカードでの支払いはクレジットカード会社が立替えてくれるからです。その立替えに対して、後でお金を払うという仕組み。デビットカードなら銀行の預金残高の範囲内でしか使えませんが、クレジットカードは残高以上に使えてしまいます。支払いの時に支払額が口座にあればいいだけのこと。つまり、銀行振出の小切手と同じなんですね。この小切手が不渡りになると、銀行からお金を引き出すこともできなくなり、信用が大きく傷つきます。つまり、クレジットカード会社の顔に泥を塗るということになります。以前はクレジットカード現金化なんてグレーの手法でお金を作る方法が流行りましたが、最悪の方法で草。

一方、カードローンの場合はカードローン会社とユーザーの2者間の契約になるので、基本的には顔に泥を塗るということにはなりませんが、直接的に信用が傷つくだけです。カードローンはクレジットカードのように第三者との売買契約は絡んでこないので、審査はクレジットカードよりも厳しくなるというのが一般的な考え方です。

また、金持ちはブラックカードやチタンカードなどを何枚も持っていますが、本当の金持ちはカードを持っていないか、持っていても1枚だけです。カード払いだと出費が分からなくなるので、金持ちはムダなものには1円も使いたくないという気持ちが強く、自分の買物にはカードを使いません。逆に言うと、人が喜ぶことや、ムダではないと思ったものにはいくらでも使います。お金はエネルギーです。エネルギーは溜めておくと萎んでいきます。しかし、「ここだ!」というときに放ってやると、巡り巡ってまた戻って来ます。

審査が甘いというのに囚われていると、お金のエネルギーに永遠に気付くことなく、お金に好かれずに人生が終わることになります。カードローン審査甘い、クレジットカード審査甘いなんて検索はせずに、お金に好かれるような知識を身に付けて行動に移してみませんか?